プログラム

01 空の目、空のパーティ
空の目、空のパーティ
Eye in the Sky, Party in the Sky

昨年、養老公園の上空に浮かび、養老アート・ピクニックの象徴的な存在であった巨大な目玉が今年も現れます。しかも今回はひとつではなく、大小いくつもの目玉が集まり、空中をゆっくりと昇り降りしたり、時には立ち止まったり、周辺を彷徨って動いたりします。それは空の目たちが空で催すパーティであり、私たちが日々を過ごす地上と私たちが夢見る空の世界との間でメッセージを交わすことになります。思いを空に届けて空から眺める私たちは、今まで気づかなかった道を見つけます。

NEWS

赤松 正行 Masayuki Akamatsu

1961年、兵庫県生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了、博士(美術)。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科教授。クリティカル・サイクリング主宰。インタラクティブな音楽や映像作品を制作、近年はモビリティとリアリティをテーマに、テクノロジーが人と社会へ及ぼす影響を制作を通して考察している。代表作に書籍「iOSの教科書」、展覧会「ARアート・ミュージアム」などがあり、「セカイカメラ」や「雰囲気メガネ」といった先進的なIT製品の開発にも携わり、アートの領域を広げようとしている。